読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

5/14 国語:「優しさ」と「優しみ」! ~「さ」と「み」の間~

 国語の話ー。
 「優しさ」と「優しみ」という言葉に関しての話です。


 ちょっと前くらいから、なんかネットで
 ネットとかのネタで「やさしみ(優しみ)」という言葉を聞くことがあったのですが。
 (なんかいろんな言葉を「~み」と表現する流れがあるようです)

 「優しさ」という言葉は知っていても「優しみ」はあまり知らなかったので
 ネット用語かなー?と思って終わらせていたのですが、
 改めて調べてみると、なんかネット上の辞書*1には語彙(ごい)としてある感もあります。


 まあ何が正しいかはわからないのですが。
 (使われているうちに後の方が有名になるパターンもありますし)
 ちょっと考えつつメモって見ると。

 上の例とはちょっとずれるかもですが
 筆者が知っているだけでも、
 「悲しさ」「悲しみ」という風に「~さ」と「~み」がある言葉もありますね。

 一方で「慈しみ(いつくしみ)」や「憎しみ」という言葉は
 多分「慈し」「憎し」とは言いませんし。多分。
 色々パターンがあるようです。


 ついでに「『愛しさ』は『愛しみ』と言わないなー、これを『~さ』だけの例として使うかー」と思いつつ調べてみたら…
 …普通にありました、「愛しみ(いとしみ)」という言葉。しかも辞書レベルで。
 あと「愛しみ」と書いて「かなしみ」と読むバージョンもあるようです。
 筆者が知らなかっただけですな!いやー、お恥ずかしい。


 まあ理論上は以下の三種類に分けられます。

 ①「~み」しかない言葉 (「慈しみ」)
 ②「~さ」しかない言葉 (?)
 ③「~み」も「~さ」もある言葉 (「悲しみ」とか)

 って感じでしょうか。
 それぞれ何が当てはまるかはちょっと分かりませんが。


 筆者は国語の文法(ぶんぽう)*2とか活用(かつよう)は苦手なのですが、
 こういうことを気にしながら勉強すると
 言葉の移り変わりがわかっていいかもなー、と思いました(感想)。


 まあそんな感じで~。

◆用語集
・優しさ:優しいこと。別の言葉で説明するのが難しい……。
 英語では「kindness(カインドネス)」など。
 「他者が色々としてくれること」だろうか?でもそれだと利益の話だけっぽいし……
 と考え始めると「優しさって何だろう」みたいな哲学的な思考になってくる。
 関連用語:「アドバイス*3、「ツンデレ

・悲しみ:悲しいこと。
 英語でいうと「sadness(サッドネス)」。

・慈しみ(いつくしみ):
 「優しさ」よりもう少し広い言葉。広く色んなものなどを愛し優しくすること…って感じだろうか。
 英語では「love(ラブ)」、「affection(アフェクション)」など。

・憎しみ:憎いこと。何かを憎む感情。
 英語では「hatred(ヘイトレッド)」。
 関連音楽:「hatred」*4

・愛しさ:愛しいこと。何かを愛しいと思う感情。
 英語では「love(ラブ)」。
 関連用語:「愛(あい)」*5

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com