のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

12/4 理+英:体の中にある「モーター(motor)」!? ~「運動神経(うんどうしんけい)」と「motor nerve」~

 理科+英語の話ー。
 「運動神経(うんどうしんけい)」などについての話です。


 前置き。
 スポーツ*1などでよく「運動神経がいい」とか「悪い」とか言ったりしますが。
 そんな「運動神経(うんどうしんけい)」は英語では「motor nerve(モーター・ナーヴ)」というそうです。
 後半の「nerve(ナーヴ)」が「神経(しんけい)」*2って意味ですね。

 で、「モーター」と聞くと機械や工作で使う「モーター」を想像しますが、
 『プラクティカルジーニアス英和辞典』で英語の「motor(モーター)」を調べてみると、
 元々は「動かすもの」という意味だそうで。
 機械などのモーターの意味の他にも、「運動筋肉」「運動神経」などの意味が載っています。

 ざっくり言うと「体の中にモーター(動かすもの)がある」とも言えそうなので、なかなかシュールですね。
 ちょっとメカっぽいイメージ。

 過去記事で「動機(どうき)」*3や「モチベーション(motivation)」について書いた時、
 「move(ムーブ)/動く」という単語と関係している話を乗せましたが。
 おそらく上の「モーター」の話もこの「move」の関連だと思われます。


 さて、心の面で人を動かすのが「動機」「モチベーション」だとして、
 実際に体を動かしてくれるのは「運動神経」や「運動筋肉」。
 心が元気でも体が疲れていれば動けませんし、
 体が元気でも心が疲れていれば動きたくないでしょう。
 どちらが欠けても、いい「動き(move)」はできなさそうですね。


 冬は精神・体調の両方で体調を崩しやすいので、
 皆様、特に受験を控えている方などはどうぞお気をつけくださいませ。



 まあそんな感じで~。


追記
 ちなみに「心と体がお互いに関係しあっている」という考え方を、
 熟語では「心身相関(しんしんそうかん)」と言ったりもします。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com