のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

12/27 英語:「始まり」と「終わり」についての英単語7つ+α! ~今週の英語セブン~

 英語の話ー。


 金曜日企画「今週の英語セブン」、
 今回は「始まり(はじまり)」と「終わり(おわり)」に関わる英語7つ+αです。


 遅くなってしまったので簡単に。


 前置き。
 もうすぐ2019年も「終わり」ですね。

 でも「終わり」についてだけ書くのも寂しいので、
 今日は「始まり」と「終わり」についての英単語の話を。


☆「始まり」と「終わり」についての英語セブン

①始まり(はじまり):「beginning(ビギニング)」、「start(スタート)」、「opening(オープニング)」
②終わり(おわり):「end(エンド)」、「finish(フィニッシュ)」、「close(クローズ)」*1
③始める(はじめる):「begin(ビギン)」、「start(スタート)」
④終える(おえる):「end(エンド)」、「finish(フィニッシュ)」、「complete(コンプリート)」
⑤年始(ねんし):「the beginning of the year(ザ・ビギニング・オブ・ザ・イヤー)」
⑥年末(ねんまつ):the end of the year(ジ・エンド・オブ・ザ・イヤー)」
⑦繰り返し(くりかえし):「repetition(レペティション)」、「repeat(リピート)」


 …って感じですかね。

 
 何かが「終わる」と思うとちょっと寂しい感じもしますが、
 世の中には早く終わった方がいいことも色々ありますね。
 「宿題(しゅくだい)」とか「イヤな時間」とか。
 そう考えると「終わり」というのは、すごい大事なことかもしれません。

 また一つのものが「終わる」ことは、新しい何かが「始まる」こととセットだったりします。
 例えば「今年」が終わることで「来年」が始まるわけです。



 筆者はついつい「始まり」とか、新しいことの方をありがたかってしまいますが、
 実は「始まり」と「終わり」は、セットで大事にした方がいいのかもしれませんね。



 まあそんな感じで~。




追記
 ちなみに「今日」がずっと終わらなければ、ずっと「明日」は来ないことになります。
 これはSFとかの「ループもの」…つまり時間が巻き戻り、同じ一日が繰り返すような作品では、重要な意味を持つことですね。
 実際にそんなことが起こったら「早く今日が終わってくれ…!」という気分になるかもしれません。
 関連用語:「リンカーネイション/輪廻転生」*2、「リセット」*3、「循環(じゅんかん)」*4


追記2
 本文では「beginning(ビギニング)」などについて書きましたが。
 ヒーローものの作品とかでは、あるヒーローの誕生エピソードは、「ビギニング(beginning)」や「ビギンズ(begins)」と呼ばれたりもします。
 「どうしてヒーローを始めた(begin)のか?」ってことですね。


追記3
 他にも「始まり」や「終わり」に関する言葉をメモっておきます。

・開始(かいし):
・終了(しゅうりょう):

・オープニング:
・エンディング:

・中止(ちゅうし):
・中断(ちゅうだん):
・再開(さいかい):
・延期(えんき):
・遅れ(おくれ):
・期間(きかん):


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com