のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

7/2 学習:1時間に1回、賢い時間を作るゲーム!? ~「5分間どや顔スタディ」~

 学習の話ー。
 「1時間に一回、休憩のつもりでちょっと勉強してみる?」みたいな話です。
 以前に書いた「アッタラー・スタディ」*1の改造版です。


 ルール*2

 ・30分とか1時間遊んだら、5分だけ「休憩(きゅうけい)」を入れて勉強する

 みたいな感じです。
 あるいは

 ・飽きたらちょっと勉強してみる

 くらいでもOK。


 理由を説明しますと。
 筆者はパソコンとかゲームとかが好きなのですが、ついついやり過ぎてしまうんですよね。
 でもずっと同じような姿勢で画面を見ていると疲れますし、体も固くなってしまいます。 
 理性(りせい)が働けば休憩するようにしていますが…遊んでる時って、「いいところだから休憩したくない」って感じなんですよね。止め時がわからない。
 でも長時間やってると集中力も落ちて、実は「面白さ」も落ちているはずなんですが、
 それでもついついやってしまうことがよくあります。


 上に書いた「5分間どや顔*3スタディ」は、そんなときにとりあえずやめてみて、
 「5分だけやってみましょう」っていう提案ですね。
 「できるか」、というよりはできたら、くらいの話です。
 筆者も割とできてません。


 ただ、例えば休憩して運動すると、5分でも結構体がリフレッシュするのを感じます。
 なので勉強でもそれをやると、ちょっと違うかもです。
 難しいことをやる必要はないです。教科書*4をなんとなく眺めるだけでも。


 「どや顔」っていう言葉が入っているのは、
 「ちょっとの時間を使って勉強してる自分、賢そう!」みたいな割とアホな理由です。
 まあ筆者が基本だらしないので、いい具合に休憩できるとそんな気持ちになるわけです。
 時間にだらしないほど、ちょっとしたことがうれしい、みたいな。

 普段ゲームをしている方が、いきなり同じ時間を勉強をするのは難しいかもしれません。
 でも1時間に一回、5分間なら、もしかしたらできるかも。

 そんな時に「俺ってば賢い~!」とか「私ってば計画的~!」みたいな感じで、
 ちょっと「どや顔」で教科書を眺める(ふりをする)のも、
 次のゲームを楽しむちょうどいい「休憩」にもなるかもしれませんね。



 まあそんな感じで~。


◆用語集
・理性(りせい):
 ざっくり言うと人間の中の、論理的な賢い部分。
 英語では「reason(リーズン)」。これは「理由(りゆう)」という意味の英単語でもある。
 割と「本能(ほんのう)」や「感情(かんじょう)」の対義語として使われる。



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com