のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

10/24 英語:bearとborn/「生む」ことと「生まれる」こと

英語の話ー。
生まれることに関する「born(ボーン)」や「bear(ベア)」という単語に関しての話です。


前置き。
もうすぐハロウィンですし、なんか関連ネタないかなーとか思ってたら
「骨(ほね)」という意味の「bone(ボーン)」という単語が目に入りました。
ハロウィンでは骸骨のスケルトンもキャラクターになっていることも多いですね。


でも今回のメインはこれではなく、似た発音の「born(ボーン)」という単語です。
「生まれながらの」とか、「be born」という「受身形(うけみけい)」にして「生まれる」という風にして使うことが多いです。

「なんでわざわざ受身形にして使うの?」と思うかもしれませんが、
この「born(ボーン)」は「bear(ベア)」という動詞の過去分詞形だからです。
「bear(ベア)」が「生む」という意味を持っているので、
「母が私を生んだ」→「私は母によって生まれられた(産まれた)」ということで受身形みたいな。
ここら辺に関しては「吉野弘」さんの『I was born』という詩も有名ですね。


まあ少なくとも、赤ちゃんの時は自力では育つことはできないので、
生きてきた、ということは誰かに何かしら世話をされてきた、ということでもあります。
そこに必ず「愛」があったとは限りませんが、
何かを望まれてきた、ということはできるかもしれません。


人生ではふと、「生まれてきたことの意味」に悩むこともあるかもしれませんが、
そんな時は、上に書いたようなことを思い出してみてもいいかもしれませんね。



まあそんな感じで~。


追記
 ちなみに「生む」という意味の「bear(ベア)」は「耐える」という意味もあります。
 出産(しゅっさん)はすごい痛みを伴い、命を落とす人もいることを考えると、
 まさに「生む」ことは「耐える」ことと言えるかもしれません。
 そこら辺に関しては第2期が始まったドラマ『コウノドリ』を観るといいかもしれません。

追記2
 ちなみにタイトルに関連のある有名な曲では「QUEEN」の『I WAS BORN TO LOVE YOU』があったりします。
 聞いてて気持ちのいい曲なのでおススメです。


追記3
 ちなみに「bear」には同じつづりで「熊(くま)」という英単語もあります。
 なので「私はクマを生む」というのは「I bear a bear(アイ・ベア・ア・ベア)」になるかもしれません。
 …適当に考えた文なので多分正しくはないでしょうが。
 そして「私はクマに生まれクマを生む」というのは「I was born in a bear and bear a bear(アイ・ワズ・ボーン・イン・ア・ベア・アンド・ベア・ア・ベア)」、
 「bone(ボーン)/骨」と組み合わせて仮に「骨クマ」という種族がいるとすると
 「私は骨クマに生まれ骨クマを生む」は「I was born in a bone bear and bear a bone bear.(アイ・ワズ・ボーン・イン・ア・ボーン・ベア・アンド・ベア・ア・ボーン・ベア)」になるかもしれません。
 …うん、訳が分かりませんが。

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com