のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

2/10 体+英他:「バックナンバー」と「バックナンバー」は違いますか? ~「背番号(せばんごう)」と「バックナンバー(back number)」の話~

 体育+英語+数学の話ー。


 スポーツのユニフォームについている「背番号(せばんごう)」と、
 雑誌などの古い号を指す英語「back number(バック・ナンバー)」の話を。


 割と思いつきのネタなので簡単に。


 前置き、

 まず「背番号(せばんごう)」とは、スポーツのユニフォームの背などについている番号ですね。
 (同じ番号が胸などについている場合もあります)
 「背番号○○番」というように、これによって選手が呼ばれることも多いですね。


 一方で「バックナンバー(back number)」というと、
 雑誌(ざっし)の古い号(古い巻)などのことですね。
 図書館や本屋などで、昔の雑誌を取り寄せる時に聞く気がします。


 体育会系っぽい「背番号」と文系っぽい「バックナンバー」、
 関係なさそうにも見えますが、単語的にちょっと繋がりもあったりします。


 というのも背番号を「背中の番号」と考えると、
 「背中(せなか)」は英語で「back(バック)」
 「番号(ばんごう)」は「number(ナンバー)」とも言うので、
 直訳すれば「back number(バック・ナンバー)」と呼べるかもしれないからですね。


 なので場合によっては
 「『バックナンバー(背番号)』と『バックナンバー(雑誌の古い号)』は違う!」と言えるかもです。
 内容は当たり前ですが、ちょっと矛盾っぽくて面白いですね。


 まあ和英辞典によれば、
 「背番号」は「player's number(プレイヤーズ・ナンバー)」となっていたのですが。
 でも英語をあまり知らない時に、「背中=back」という発想から、
 「背番号」を「バックナンバー」と呼ぶことは、結構ありえそうな気がします。


 ちなみに英和辞典によれば、
 「back number(バック・ナンバー)」には「時代遅れの人」の意味もあるようです。
 うかつに人に向けて言うと、悪口になってしまうかもですね。


 「背番号」を指しながら言っている時は、誤解される可能性は低そうですが。
 一応、英語圏でスポーツ観戦する時は、少し気をつけた方がいいかもですね。



 まあそんな感じで~。





 関連記事:『数を表す外国語セブン』*1



追記
 ちなみに日本のロックバンドで「back number(バックナンバー)」という方々もおられます。
 有名、かつ活躍しておられるので、記事中で記した「時代遅れの人」という意味は当てはまらないな…などと思っていたのですが、
 Wikipediaを調べてみると、グループ名の成り立ちにはちょっと関係していたりするようです。



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com