のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

6/28 英語:「ウォッチリスト」と「リストウォッチ」の違い! ~「list」と「wrist」~

 英語の話ー。サブタイでネタバレしてますが。
 ざっくり言うと「表/list」と「wrist(手首)」の話です。
 簡単に。


 主にインターネット*1のページ・サイト機能などでよくある
 「気になるものをまとめた表」を「ウォッチリスト」といいますが、

 カタカナ語としてこれを一部ひっくり返すと「リストウォッチ」。
 つまり「腕時計(うでどけい)」という意味になります。

 どうしてこんなに変わるかというと、
 少し違う意味の「リスト」と「ウォッチ」という言葉があるからですね。


 英語のスペルだと
 「ウォッチリスト」は「watch list(ウォッチ・リスト)」
 ここでの「watch(ウォッチ)」は「見る・観察する」という意味で、
 「list(リスト)」は「表(ひょう)」という意味。

 一方の「リストウォッチ」は「wristwatch(リストウォッチ)」で
 「wrist(リスト)」は「手首(てくび)」、
 そしてここでの「watch(ウォッチ)」は「時計(とけい)」*2という意味です。
 (またはこれ自体でも「腕時計」を表します)
 でも「watch」=「時計(とけい)」という意味は、観察する、という意味から生じたみたいです。


 「表(ひょう)」という意味の「list(リスト)」は色んな所で使いますね。
 鉛筆などの手書きでも使いますし、でパソコンでの表計算とかでも。

 一方で「手首(てくび)」という意味の「wrist(リスト)」。
 スマホ*3とかで時間*4が見れるので「腕時計」を使う人は減ってるかもしれませんが、
 腕時計型の端末(たんまつ)「Apple Watch(アップルウォッチ)」というものも出ています。
 

 二つの「リスト」は、まだまだどちらも重要なものと言えそうです。



 まあそんな感じで~。



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com