のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

8/15 英+社:「スカウト」や「タレント」などについてメモ

 英語+社会の話ー。
 「スカウト」についての話です。
 なんかお腹が痛いので簡単に。


 今の日本では「スカウト」という言葉は、
 よく「新人をゲットする」みたいな意味で使われています。
 「勧誘(かんゆう)」みたいな感じですね。
 「芸能人」や「アイドル」*1関連でよく聞きますね。

 でも英語の「scout(スカウト)」という単語の意味は違って
 「偵察(ていさつ)」や「斥候(せっこう)」というような意味です。
 つまり戦争*2の時とかに、相手の軍がどこにいるかを見てくる人ですね。
 ファンタジー*3系のゲームでよく「スカウト」という職業があったりしますが、こちらの意味です。

 なので現在のカタカナ語の「スカウト」は、「いい人材を探して(偵察して)いる人」というような意味から来たと思われます。

 ちなみに芸能関係の言葉である「タレント」は、元々「talent(才能*4)」という意味から来ているようです。
 ざっくり言うと「才能や一芸を持っている人」→「芸能人」みたいな感じですね。


 最近は動画サイトやSNS*5があるので、むしろ自分の才能を売り込んで行く人も多いかもしれませんが。
 芸能界に限らず色んな業界は、いい人を「スカウト」するために色々網を張っていると思われます。

 いつか思いがけぬところから、あなたの才能(タレント)が「スカウト」される日が来るかも?
 (※でも望まぬ勧誘や詐欺*6などにはご注意ください)



 まあそんな感じで~。


◆用語集
・スカウト:
 仕事の一つだが、これを職業*7にする場合もある。「スカウトマン」など。

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com