のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、ページ右の方で「検索」ができたり、記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

2/14 歴史:「空中庭園(くうちゅうていえん)」は浮いてますか? ~女王「セミラミス」と空中庭園~

 歴史の話ー。
 タイトルへの答えは、「実際には浮いてませんが、ゲームでは時々浮きます」です。

 昔の「アッシリア」という国の女王*1セミラミス(Semiramis)」、
 そして彼女が作ったとされる「バビロンの空中庭園」についての話です。

(本記事中、人名敬称略)


 前置き。
 今日はバレンタインデー*2…ですが、それについて大抵のことは皆さまもう知っていると思うので、
 ここでは知っているゲーム『FGO』のバレンタインイベントに出てくる「セミラミス」という人物についてメモ。なんとなく名前がティラミス*3に似ていなくもないですし


 Wikipediaによれば、「セミラミス(Semiramis)」という人物は、紀元前800年ごろのアッシリアの女王とされています。
 「アッシリア」(前2500-前605年)はメソボタミア*4地域…現在のイラク*5とかの北の方にあった国ですね。

 セミラミスは伝説上の人物なので、色々噂があったらしく、
 賢くて美しい人だったとも、残忍な人だったとも言われているようです。
 「夫を毒殺*6した」とされており、これが「世界最古の毒殺事件」とも言われているようです。


 で、それだけではなく。当時の「世界の七不思議」にかかわる人物でもあります。
 セミラミスは「バビロンの空中庭園(くうちゅうていえん)」というものを作らせたのですが、
 これが当時の「世界の七不思議」に含まれていたりします。

 「七不思議」というと、とても謎めいて神秘的に聞こえますが。
 ただWikipediaを見るに、この「不思議」というのは誤訳であり、要は「必見の建造物」くらいの意味だったようです。
 上記の「バビロンの空中庭園」も本当に空中に浮いているわけではなく、高台(たかだい)に作られたみたいですね。
 ただあまりにも大きかったので、遠くから見ると吊り下げられているように見えたらしいです。


 ただし「空中庭園」というとやはり「空に浮くんじゃないの?」みたいな感じがするのか、
 ゲーム・アニメ『Fate』シリーズではえらいことになってたりします。
 気になる方はアニメ『Fate/Apocrypha』を見てみるといいかもしれません。


 まあ空に浮いてなくても、「空中○○」と呼ばれるような場所は解放感がありますね。
 空中都市「マチュ・ピチュ」*7は人気ですし
 日本でも「天空の城」とか「日本のマチュ・ピチュ」と呼ばれるところもあります。


 だんだん春も近づいてきましたがが、まだ空気が澄んで、いい風景も見られるかもしれません。
 少し暖かくなってきたらそういう観光地に出向くのもいいですし、
 色んな「空中○○」とかのきれいな画像を見てみるのも、いいかもしれませんね。


 まあそんな感じで~。


◆用語集
セミラミス:
 アッシリアの女王。
 いろんな噂のある人物。
 伝説によれば魚の女神「デルケトー」と人の娘であるとも、両親ともに神であるとも。
 Wikipediaによればセミラミスという名前の意味は「鳩(はと)」であり、鳩によって育てられたとか、鳩になって昇天したなどの話がある。
 アルメニアの美形の王「美麗王アラ」を求めて戦争を起こしたりなど、そっち形のエピソードがいくつか。真偽は不明。
 バビロンには彼女の名前を冠した門があったが、後に「ダレイオス1世」*8によって壊されたという話がある。
 劇的で有名な人物だからか、よくオペラ*9の題材になっているようだ。
 那珂でもロッシ-二の『セミラーミデ』が有名であるらしい。
 またWikipediaによれば色んなところに名前を残している。
 例えば小惑星の名前になってたり、火星*10・金星の地形に名前が付けられていたり、フランスの軍艦の名前になっていたり(しかも下関戦争に参加している)する。
 後は歴史上の人物については、古代の女王ゼノビアが「セミラミス」も含む女性たちの「後継者」を自称したり、後世の「マルグレーテ2世」「エカチェリーナ2世」がそれぞれ「北欧のセミラミス」、「ロシアのセミラミス」と呼ばれたりしたらしい。

・バビロンの空中庭園
 新バビロニアの「ネブカドネザル2世」*11が作ったという話もある。


アッシリア
 昔の国の名前。前2500-前605年。
 今でいうメソポタミアの北部にある。
 首都は、初期は「アッシュール」で、後に「ニネヴェ」になった。
 関連人名:「ユディト」*12
 関連地名:「古バビロニア王国*13

・美麗王アラ:
 アルメニアの英雄。


世界の七不思議
 古代ギリシャの数学者・旅行家「フィロン」が提唱したらしい。
 現代で言うとパンフレットに「鉄板の観光地!」「これだけは見とけ!」って書いてあるみたいな感じか。
 内容としては①「ギザの大ピラミッド」、②「バビロンの空中庭園」、③「エフェソスのアルテミス神殿」、④「オリンピアのゼウス像」、⑤「ハリカルナッソスのマウソロス霊廟」、⑥「ロドス島の巨像」、⑦「アレクサンドリアの大灯台」とされる。
 が、Wikipediaによれば⑦は本当は「バビロンの城壁」らしい。

フィロンビザンチウムフィロン):紀元前260年 - 紀元前180年。
 紀元前225年ごろに「世界の七不思議」を提案したとされる。

ジョアキーノ・アントーニオ・ロッシーニ:1792-1868年。
 イタリアの作曲家。美食家でもあるらしい。
 上記のオペラ『セミラーミデ』の曲を作曲した。



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「女王(じょおう)」については 10/15 英語:レース場にいる「女王(じょおう)」! ~「レースクイーン」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「バレンタインデー」については 2/14 国語:嵐のバレンタインデー……っていうか嵐 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:スイーツの一種「ティラミス」については 1/20 家庭科:あなたを元気づけるデザート!? ~「ティラミス」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:メソポタミア」については 7/16 歴史:「粘土板(ねんどばん)」はパソコンですか? ~記録媒体の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:イラク」については 7/16 歴史:「粘土板(ねんどばん)」はパソコンですか? ~記録媒体の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「毒(どく)」については 10/3 英語:ゲームの「ステータス異常」についての英語 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:「マチュ・ピチュ」については 11/4 社+理:「海」と「キリスト」と「女の子」!? ~「エルニーニョ現象」と「ラニーニャ現象」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:「ダレイオス1世」について 2/5 歴史:「王様の耳」は超すごい!? ~「王の耳」と「ダレイオス1世」の話~ - のっぽさんの勉強メモ はを参照。

*9:「オペラ」については 11/14 音楽:意外と知ってるかも?オペラの作品名! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*10:「火星(かせい)」や「金星(きんせい)」については 3/12 理科:天体(てんたい)/神の名は星(ほし)になりました - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*11:ネブカドネザル2世」については 3/12 歴史:「バビロンの空中庭園」と「ユダヤ教」の関係!? ~「ネブカドネザル2世」と「バビロン捕囚(ほしゅう)」~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*12:アッシリアと戦ったとされる旧約聖書の人物「ユディト」については 9/9 歴+ゲーム:トランプの絵札(えふだ)と英雄(えいゆう)の関係! ~テレビ番組『チコちゃんに叱られる!』より~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*13:古バビロニア王国」については 9/6 歴史:復讐(ふくしゅう)/「目には目を、歯には歯を」? ~『ハンムラビ法典』の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。