のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

11/13 歴+体:現代の「忍者(にんじゃ)」は忍んでない!? ~「武神館(ぶじんかん)」と、 「初見良昭(はつみ・まさあき)」氏の話~

 歴史+体育の話ー。

 現代でも忍術(にんじゅつ)が学べる道場、「武神館(ぶじんかん)」と、
 その場所を開いた「初見良昭(はつみ・まさあき)」氏の話です。

 紹介なので簡単に。


 前置き。

 昨日テレビで『YOUは何しに日本へ?』*1という番組を見ていたのですが、
 そこで、「武神館(ぶじんかん)」という、
 忍術(にんじゅつ)、つまり忍者(にんじゃ)*2の修業ができる道場が紹介されていました。


 調べてみると、「武神館(ぶじんかん)」は日本の古武術(こぶじゅつ)の道場であり、
 武術家の「初見良昭(はつみ・まさあき)」氏が開いたものらしいです、
 そして彼が「戸隠流(とかくしりゅう)忍術34代目継承者」であるらしいので、その道場で忍術を学べるということですね。


 Wikipediaによれば初見氏はアメリカのFBIに招かれて護身術を教えたり、
 映画『007は二度死ぬ』の忍術指導をしたりしておられるようです。
 日本よりも海外で有名なようで、道場には多くの外国人の方が来られるようですね。


 忍者と言えば「忍ぶ(しのぶ)」、つまり「隠れる」ものですが、
 現代の忍者はテレビにもよく出て海外にも有名…と考えると、
 「現代の忍者は忍んでない」ともいえて、なかなか面白いですね。



 まあそんな感じで~。



 関連用語:「伊賀(いが)」*3、「風魔(ふうま)」*4


追記
 ちなみに昨日の『YOUは何しに日本へ?』では、
 アイドルグループの「乃木坂46*5の方々がインタビュー役を務められていたりしました、
 中でもメンバーの「高山一実(たかやま・かずみ)」さんは千葉県南房総市観光大使を務められているようで、
 外国人の方を千葉県のお寿司屋にご案内しておられたりしました。面白かったです。



◆用語集(人名等敬称略)
・武神館(ぶじんかん):
 古武術道場の名前。本道場は千葉県にあるようだ。
 Wikipediaによれば世界50か国に道場があるらしい。
 忍術の他に、体術や武器術を学べるとのこと。


古武術(こぶじゅつ):
 古い武術(ぶじゅつ)。古くから伝わる技。
 今の武術・格闘技などが「スポーツ」や「護身術」などの目的であるのに対して、
 古武術や武術の技は「戦場で敵を倒す」ためのものなどが多かったりする。
 なので武器に関する技、相手に致命傷(ちめいしょう)を与えるものも多かったりする。


・武術(ぶじゅつ):
 戦うための技、流派(りゅうは)など。
 「武道(ぶどう)」と比較される時は、「武術」はより実践的で、相手を倒すものとされる。
 また「古武道」と「現代武道」という風に比較することもある。
 これに関しては「柔術(じゅうじゅつ)」と「柔道(じゅうどう)」に関する話などが面白かったりする。
 関連人名:「沢庵宗彭(たくあん・そうほう)」*6


柔術(じゅうじゅつ):
 素手、または短い武器で相手を捉える技術。
 今の「柔道(じゅうどう)」の前身であるとされるとも多い。
 

・柔道(じゅうどう):
 現代の、体育やスポーツの一つであり、また「道(どう)」の一つ。 
 「柔(やわら)」の術を使って精神を育てたりするのが目的。
 なので、単なる「技」とか勝敗だけが柔道なのではなく、それを通して何かを学んだり、心を整えたり、相手と心を交わしたりするのが目的と言えそうである。
 もっともこの辺りの目的は他の「道(どう)」がつくものに共通するものでもある。例えば「剣道(けんどう)」、「弓道(きゅうどう)」「書道(しょどう)」「華道(かどう)」など。
 例えば「剣道」では試合前後の「礼儀(れいぎ)」や「残心(ざんしん)」が大事とされていることからも、「剣術(けんじゅつ)」そのものとはまた違うものであるといえる。戦国時代などで、戦場で相手を倒すための「剣術」では特に相手への尊敬や礼儀は重要視されないだろうし。
 現代の柔道は「嘉納治五郎(かのうじごろう)」氏の「講道館柔道(こうどうかんじゅうどう)」がもとであるとされる。
 ちなみに「女子柔道の母」と呼ばれているのは「ラスティ・カノコギ」という女性であるようだ。


嘉納治五郎(かのう・じごろう):1860年 - 1938年。
 柔道家、教育家。「講道館柔道」を始めた人物。
 またWikipediaによれば「柔道の父」と呼ばれ、また「日本の体育の父」とも呼ばれているらしい。
 弟子は多くおられたようだが、Wikipediaには力強く「四天王(してんのう)」とか「講道館四天王」という言葉があった。カッコいい。
 その四天王の中の「西郷四郎(さいごう・しろう」氏は小説『姿三四郎(すがたさんしろう)』のモデルにもなったようだ。
 また「福田敬子(ふくだ・けいこ)」という、女性の弟子の方もおられたようだ。
 そして弟子の中には内閣総理大臣になった「広田弘毅ひろた・こうき)」氏もおられたりする。…東京裁判A級戦犯とされ、死刑になった人物でもあるのだが。
 ちなみにロシアの(2018年)現大統領「プーチン」氏は柔道家であり、Wikipediaによれば上記の「嘉納治五郎」氏、また「山下泰裕(やました・やすひろ)」氏、「姿三四郎(すがた・さんしろう)」氏を尊敬している、と著書で語ったらしい。
 ちなみに昔の柔道マンガ『YAWARA!』(ヤワラ)では、主人公の祖父に「猪熊 滋悟郎(いのくま じごろう)」という柔道家がいたりする。名前からすると、上記の「嘉納治五郎(かのうじごろう)」をもとにしていそうだ。


・『姿三四郎(すがたさんしろう)』:
 「富田常雄」氏の小説。柔道などをテーマにした小説のようだ。
 ただWikipediaの概説には「空手やボクシングとの他流試合」など、結構すごいことが書いてある。
 主人公の名前は小説タイトルと同じ「姿三四郎(すがた・さんしろう)」。
 ちなみに昔セガのゲーム機「セガサターン」のCMキャラクターに「せがた三四郎」というのがいたのだが、これは「姿三四郎(すがた・さんしろう)」がモチーフである。


せがた三四郎
 セガのCMキャラクター。
 俳優の「藤岡弘、(ふじおか・ひろし)」氏が演じた。低く強い声の圧がすごい。
 ちなみにカプコンセガバンダイナムコ3社の共同開発ゲーム『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』に、普通にキャラとして参加していたりする。


・『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』
 カプコンセガバンダイナムコ3社の共同開発ゲーム。
 ゲームは『バイオハザード』や『ストリートファイター』『テイルズ』シリーズなどいろんなゲームのキャラが出演しているので、彼らと一緒に上記の「せがた三四郎」も戦っていたりする。ちなみに外見は俳優の「藤岡弘、」氏。なかなかシュールである。
関連ゲーム:『MARVEL VS. CAPCOM 3*7


高山一実(たかやま・かずみ):
 アイドルグループ「乃木坂46」のメンバー。
 剣道をやっており、「2段」を持っているらしい。
 ちなみにWikipediaによるとアニメ『美少女戦士セーラームーン*8が好きらしい。



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:『YOUは何しに日本へ?』については 6/26 社会:ロシア出身の声優さん! ~「ジェーニャ」さんの話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「忍者(にんじゃ)」については 2/21 算数:鎧(よろい)を安く買って得をする!? ~セールとゲームと身近な算数~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:忍者の流派の一つ「伊賀(いが)」については 5/11 社会:「組紐(くみひも)」についてのメモ ~テレビ番組を見て~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:「忍者の流派の一つ「風魔(ふうま)」については 8/24 地理:箱根・忍者・金太郎!? ~足柄山の「風魔(ふうま)」忍者~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:アイドルグループ「乃木坂46」については 7/17 音楽:音楽メモ(洋楽+邦楽など) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:武術から武道へのきっかけの一つと作ったとも言われる僧「沢庵宗彭(たくあん・そうほう)」については 2/24 歴+家:「沢庵(たくあん)」は自由でロック!? ~「沢庵宗彭(たくあん・そうほう)」と「たくあん漬け」~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:ゲーム『MARVEL VS. CAPCOM 3』については 11/22 ゲーム+歴:気になった言葉メモ(ゲームや歴史ネタ) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:アニメ『美少女戦士セーラームーン』については 4/24 英語:costume/氷上の美少女戦士!? ~スケート、コスプレ、習慣~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。