のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容と、それに絡みそうな色んなネタを扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、右の「検索」や記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

3/29 理+社他:「マリモ」は「湖(みずうみ)の化け物」ですか? ~「マリモ(毬藻)」とアイヌ語「トラサンペ(湖の化け物)」の話~

 理科+社会+英語の話ー。
 別にホラー映画的な話ではないので大丈夫です。


 丸っこくて緑の印象の植物「マリモ(毬藻)」と、
 アイヌ*1の人々が呼んだという別名、「トラサンペ(湖の化け物)」の話を。



 前置き。
 今日3月29日は「マリモの日」と聞いたので、
 藻(も)の一種「マリモ(毬藻)」について調べてみました。


 まず「マリモ(まりも、毬藻)」とは、植物の一種ですね。
 藻(も)の一種であり、形は丸く、水中に存在するイメージです。
 漢字では「毬藻(まりも)」と書くので、まさに「鞠(まり)」のように丸い「藻(も)」という感じですね。
 日本では特に北海道のものが有名かと思います。


 そんな「マリモ」、丸いのでなんか可愛い感じもするのですが、
 意外にも「化け物」と呼ばれることもあるようです。


 というのもWikipediaによれば。
 北海道の先住民族アイヌ」の人々は、
 マリモを「トラサンペ(湖の化け物)」と呼ぶことがあったのだとか。
 …理由は不明ですが、そう言われてみるとマリモは確かに正体不明の感じもしますね。
 動物っぽい毛が生えているように見えるのに、目とかはありませんし。


 なのでアイヌの人々の言葉を参考にすると、
 「『マリモ』は『湖の化け物(トラサンペ)』!」と言えるのかもです。
 …でも「あの湖には化け物がいる…!」と聞いてからマリモを見たら、ちょっと拍子抜けしそうですが。


 ちなみに手元の和英辞典では、
 マリモは英語で「aegagropila(エーガグロピラ)」ともなっていました。
 それこそ化け物とか、怪獣(かいじゅう)っぽい名前ですね。
 ただネットで調べたら「Marimo(マリモ)」とも出てきたので、今はこちらが主流かもしれません。


 さて、「マリモ」、「トラサンペ」、「エーガグロピラ」と、
 色々名前がありますが、あなたはどれがお好みでしょうか?
 今度どこかで「マリモ(毬藻)」を見ることでもあれば、
 「これには、どの名前が似合うかな…」なんて考えてみるのも、楽しいかもですね。



 まあそんな感じで~。





追記
 ちなみにWikipediaによれば「マリモ」の一個体は「線(せん)」の形をしていて、
 それが沢山集まったものが、よく知られるマリモの丸い形のようです。
 また多くの生息地では、丸い形も取らなかったりするようですね。

 とすれば「実は(多くの)マリモは丸くない!」というのが正しいのかもですが、
 すでに「マリモ=丸い」イメージが広まっている日本では、「?」って顔をされそうですね。


追記2
 ファンタジー系のゲームではよく、
 「湖の化け物を倒してくれ!」みたいな依頼もあったりしますが。
 マリモ(トラサンペ/湖の化け物)の話を知ってからだと、一瞬「マリモ…!?」みたいな気分になるかもですね。



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com