のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

4/1 ウソ企画:「ハイパー百人一首オンライン」(H2O)!

【以下はエイプリルフール*1記事であり、ウソです。ご了承ください。
 適当に考えたので、どこかにすでにあるかもしれません。その場合はご容赦を】



≪メールが一件届いています
送信先:あなた
送り主:のっぽ≫







☆☆☆ゲーム「ハイパー百人一首オンライン」の世界へようこそ!☆☆☆
(Welcome to the world of "Hyper-'Hyakunin-issyu'-Online"!)


 今、百人一首(ひゃくにんいっしゅ)*2が進化*3する――。





☆どんなゲーム?
 「ハイパー百人一首オンライン」(はいぱー・ひゃくにんいっしゅ・おんらいん。通称:H2O」)は
 いつでも好きな時に百人一首をプレイすることができるゲームです。
 一人でも遊べる「ストーリーモード」を初め、
 全国のプレイヤーと遊ぶことができる「マルチ対戦モード」などがプレイ可能!
 また「源平戦(げんぺいせん)」など各種ルール形式に対応しております



☆最新のVR*4・ARシステム搭載!
 専用のゴーグルを使えば、VR空間(仮想空間)での対戦を楽しむことができます。
 雰囲気のある「和室(わしつ)」の中での対戦や、
 現実ではありえない、「溶岩(ようがん)」*5「海中(かいちゅう)」ステージといったものまで!?

 またAR・投影システムを使用した場合、現実の風景に映像データを重ねることができます。
 つまり、スマホ*6の画面上だけでなく、現実に、3Dホログラフィックで札を写せるため、
 手元に百人一首の札があるかのような対戦が可能となっています。
 あなたのお気に入りの場所を、百人一首の会場に変えてしまいましょう!
 (※周囲への迷惑はかからないようにしましょう。)

 もちろんスマホやパソコン画面上でも遊べますのでご安心を!

 マイペースに遊びたい方のための「ゆっくりモード」などもあります。


☆こだわりの画像・音声エフェクト!
 「H2O」には普通の百人一首の楽しみに加えて、ゲームならではの楽しみがいっぱい!
 あなたが札をとった時には、ド派手なエフェクトが!
 (オプションにて調節可能です)
 例えば桜の花が散ったり、雷や火花が起こったりするなど!
 見た目にも、音にも、驚きを得ることができるでしょう。
 まるでマンガのようなゲーム対戦を楽しむことができます。

 そして「H2O」は百人+αの豪華声優陣を用意!
 百人の歌人にそれぞれ有名声優がついています。
 札の読み上げや、札をとった時のショートボイスでその演技を楽しむことができるでしょう。

 基本データは最初からすべて使用可能ですが、
 ストーリーモードを進めるごとに追加ボイスなどを手に入れることもできます!




☆もちろん勉強にも使える、圧倒的データ!
 「H2O」は百人一首のそれぞれの歌に関して、かなりのデータを収録しています。
 歌や単語の意味、時代背景はもちろん、
 歌に出てくる単語についてはすべて、映像データを用意!
 わからなくても、すぐに映像で確認することができます。
 ライブラリでは歌人についてのショートドラマを見ることができます。
 プレイしているだけで、自然と歴史について勉強することができます!

 しかも「H2O」は「3Dプリンタ」にも対応。
 データをダウンロードすれば、百人一首歌人の3Dフィギュアを作ることができます!



☆特別サービス!

 今なら先着登録百名様に「アバター:蝉丸(せみまる)/エイプリル特別仕様」をプレゼント!



 さあ、あなたも今すぐ「ハイパー百人一首オンライン」(H2O)を!







(まあそんな感じで~。)





◆用語集 (ウソやゲーム内容を含みます)
・ストーリーモード:
 舞台は平安時代、「平安京(へいあんきょう)」(今でいう京都)。
 そこに住まう人々は自在に歌を詠み、また百人一首をしながら楽しく暮らしていた。
 だがある日、「鬼(おに)」*7が現れ、
 百人一首にこめられた「歌人の魂(かじんのたましい)」を奪い去ってしまう。
 これは「歌を詠む力」や「何かを美しいと思う心」を人々から奪うことでもあった。
 その日から人々は歌詠みや百人一首を楽しめず、げんなりしてしまった。

 だがそんなときでも一人、気力を失わぬものがいた。
 それが主人公(あなた)。
 あなたはやがて旅立つ。鬼から歌人の魂を取り戻すために――。


・対戦モード
 コンピュータ戦も楽しめる。
 「源平戦」があるだけに、たぶん対戦キャラに「源義経」とか「平清盛」もいる。
 時代が違うけど平気で「織田信長」や「ペリー」もいそう。当ブログのことですし。
 まあ当ブログで一度でも名前が出た偉人は大体いそう。

・100人の声優陣+α
 +αとして「のっぽ」という人物のボイスが収録されている。
 「読み上げを聞くと眠くなる」と評判。いやダメですねこれ。


・ストーリーモード:ネタバレ
 鬼は人が歌を詠むのに憧れていたが、自分ではうまく歌を作れなかった。
 だから百人一首から歌人の魂を奪い、人の感性を手に入れようとした。
 だがそれは「他者」のものであり、結局自分にはなじまなかった。
 鬼が満足できることはなかった。

 しかし主人公と何度も百人一首で対戦する中で、数限りなく歌を聞く中で、
 鬼はやがて「自分の感性」を手に入れていく。

 諦め半分に繰り返していたことも無駄ではなかった。
 味気がなく感じていた歌も。
 新しい意味を感じる今では、もはや以前の歌ではない。
 彼にとっての意味は変化した。

 今、百人一首(ひゃくにんいっしゅ)が進化する――。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com