読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

8/5 学習+ゲーム:テスト・ゲーム追記 ~なんか友達と遊べそうなバトル案~

 学習+ゲームの話ー。
 キャラメイキング&簡易バトルの要素を足してみました。

 基本の考えは以下の過去記事をご覧ください。

benkyoumemo.hatenablog.com



 んで、今回は主に1対1のバトル風ゲームになります。
 友達とテスト*1点を使って遊べるかも。


 ゲームに使う数値(パラメータ)はこんな感じ。

 【パラメータ】

 ①HP=5教科合計点÷10

 ②戦闘値=一番低い教科の点数÷10 +サイコロ2個

 ③ダメージ=一番高い教科の点数÷10 +サイコロ1個

 ※小数は四捨五入で切り上げ(1.5は「2」、1.4は「1」になる)


 流れはこんな感じで。

【1】まずそれぞれHPを計算します
   前回のテスト5教科の点数を合計点がHPとなります。 
   (例:30+40+20+60+80なら=230点。
      よってHPは230点となります)

【2】お互いの戦闘値を出します。
   一番低い教科の点数を10で割り、サイコロ2個を振った数字*2を足します。
   (例:Aの最低点が20なら2+サイコロ2個
      Bの最低点が30なら3+サイコロ2個となります
      Aが3・2を出したら2+3+2=7
      Bが1・1を出したら3+1+1=5.
      この場合はAの勝ちとなります)

   同じ値なら引き分けでもう一回サイコロをふります。


【3】戦闘値が高い方の攻撃が成功します。
   成功した方は、相手にダメージを与えられます。
   一番高い教科の数字を10で割り、そこにサイコロ2個分の数字を足します。
   (例:最高点80点なら8+サイコロ2個分。
      例えば5・6が出たらダメージは8+5+6=19点)
   
【4】ダメージを食らった側はHPからその点数を減らします。
  
【5】どちらかのHPが0になるまで【2】~【4】を繰り返します。
   先に相手のHPを0にした方が勝ちです。



 テストプレイもしてないのでバランスは悪いかもですが
 気が向いたら遊んでやってください。

 まあそんな感じで~。




追記
 今回の戦闘システムはゲームブックファイティング・ファンタジー』を参考にさせて頂いてます。
 (実はこれもTRPG*3本だったりします)
 数字を出し合って、勝った方のみ攻撃が通るのは「つばぜり合い」みたいな感じでいいですね。
 あんまり通らないとイライラするかもですが……。

 「攻撃チャンスが失われるのは嫌だー!」という方は、
 上の「戦闘値」は無視してゲームをしてもいいかもしれません。


◆参考文献
スティーブ・ジャクソン,1985,『ファイティング・ファンタジー』,東京創元社


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com