のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

1/2 英語:いい『例文』は記憶を進ませる!…気がする

 英語の「例文(れいぶん)」の話ー。
 ざっくり言うと『例文で単語を覚える方法もあるよ』って感じです。

 みなさん、単語の意味を覚える時どうしてますか?
 もちろん、一つ一つ単語の意味を調べるのもありですが、「例文」と一緒に覚える方法もあります。
 (「単語と例文の両方から覚える」という手も使えます)


 今回は辞書で見つけた「forge(フォージ)」と言う単語を例に挙げてみましょう。
 これは名詞*1だと「鍛冶炉(かじろ)」、動詞*2だと「鍛えて~を作る」って意味だそうです。
 このまま「フォージは『鍛冶』…フォージは『鍛冶』…」と覚えてもいいのですが、
 辞書を見るとこんな例文が書いてあります。

 「forge an iron bar into a sword
 (フォージ・アン・アイアン・バー・イントゥ・ア・ソード)」
 =「forge a sword out of an iron bar
 (フォージ・ア・ソード・アウト・オブ・アン・アイアン・バー)」
 (意味:「鉄*3の延べ棒で刀を作る」)

 同じ意味の文なのに「into」「out」と逆に言葉を使っているのがちょっと面白いです。

 うん、僕にとってはこの「例文」の方が覚えやすいですね。ファンタジー*4とかRPG*5が好きなので。
 なんかハンマーでガンガン刀打ってる状況がより浮かびやすい気がしますし。

 あと例文で覚える利点は「他の単語も覚えることができる」ことにあります。
 例えば上記の文だと「鉄の延べ棒=iron bar」という知識も入ってきますし。
 見ているうちに、単語の順番とか規則とかも頭に入ってきます。

 あと、これは人によりますが。例文の良さは「パクって他の文を作りやすい」ことにもあります。
 例えば上記の文を利用すると、

 「Tom is forging an iron bar into a sword.」
   (トムは鉄の延べ棒で刀を作っています)
  「Please, forge this iron bar into a sword!」
  (この鉄の延べ棒を刀にしてください!)」

 
 …とか適当にファンタジーっぽい文が書けちゃうわけです
 「英語で何かそれっぽい文が書きたいなー」と思ってる方にはおススメです。
 あと英作文が苦手な方へのモデルとしてもおススメ。一から考えるよりだいぶ楽ですよ。

 なので、「単語を覚えるのが苦手だー」という人は、ちょっと面倒でも辞書を引いてみるといいかもしれません。
 そこに意外とあなたのテンションを上げてくれる「例文」が、書いてあるかもです。

 てな感じで~。


追記
 ちなみに筆者は受験の時、英語の「例文ノート」*6を作ってました。
 んで、例文の上とかに日本語の意味を書いたりして。
 一文ずつ声に出したりして覚えてました。
 これのいいとこは「流れで覚えられる」所と、「使用する場面を想像しやすいこと」、
 あとは「ある単語の使い方が文によって違う」ってことを実感できるってことですね。
 特に二番目は、教科書から移した例文だと
 「あ、そういやこれ教科書のチャプター6の『カフェ』の会話場面の文だった~」とかを
 思い出しながら単語の意味を確認できたりするので、結構便利です。
 人によってやり方はあるでしょうが、試してみてもいいかもしれません。


◆用語
・例文(れいぶん):ある言葉とかの意味をわかりやすく示すための文。モデル文。
 英語では「example(エグザンプル)」または「example sentence(エグザンプル・センテンス)」。

・Tom(トム):英語の教科書に出てきそうな名の人物。
 今回はいきなり刀を鍛えることになった。
 過去の活躍については過去記事『トムは向こうで世界を救っています』参照。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com