のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。あ、何か探したいことがある場合は、ページ右の方で「検索」ができたり、記事上のタグやページ右にある「カテゴリー」から関係ある記事が見られたりします。

1/27 数学:方程式2/犯人を追い詰めろ! ~数学迷宮入り未遂事件~

 「方程式」*1の話2-。
 今度はもうちょっと数学からの話。

 ざっくり言いますと、方程式ってのはいわば「犯人(はんにん)当てゲーム」みたいなもんです。
 もっと言えば「犯人のデータ当てゲーム」と言いましょうか。


 例えば「X+20=180」を解くと「X=160」な訳ですが。
 これは文章題*2にすると
 「目撃された犯人の身長は180cm…、しかし現場からは20センチの厚底ブーツが発見された。じゃあ犯人の本当の身長は160cmか!」
 的な感じといえるわけです。

 んで、「連立方程式(れんりつほうていしき)」。「x」に加えて「y」も使いだしますよね。
 これは「文字とか式が多くてややこしくて嫌い!」って人も多いかもですが。
 式が多いからこそ、役に立っているところもあるのです。

 例えば宝石*3盗難事件の捜査で、しばらくして犯人2人を捕まえたとしましょう。
 しかし宝石は盗まれ、売られたあとでした。
 犯人二人が合わせて「10個」の宝石を取った、ということだけは分かっでいます。

 この二人を、盗んだ(そして売った)宝石の数に合わせて裁きたいのですが、
 「x+y=10」という式が一個だけあるとしても、どっちがどれくらい盗んだ(売った)のか分かりませんよね。
 これでは捜査は進みません。事件は迷宮入りになってしまいます!

 でも別の証言で、次のようなものがあったとしましょう。
 「xは10万、yは20万の価値のある宝石を売り払っていた。合計120万は手に入れていた」というものです。
 つまり「10x+20y=120万」という式です。
 これで式が二つそろったので、連立方程式を作ることができます。すなわち

 x+y=10…①
 10x+20y=120万…②

  これを解くと、x=8、y=2となり
 「xは8個、yは2個の宝石を取っていた」ということが判明するわけです。

 つまり連立方程式とは「複数の情報から犯人を追い詰める」ということでもあり、
 式が増えるというのは「犯人についての証言が増える」ということでもあります。
 面倒くさくもありますが、式が少なくても事件は迷宮入りしていまいます。
 「これも事件解決のヒントになっているのか…」と思ってみると、
 ちょっと「連立方程式」が頼もしく思えるかもしれませんね。


 まあそんな感じで~。


◆用語集(人名等、敬称略)
・犯人当てゲーム:
 漫画・アニメ『名探偵コナン』を知ってる人は、あの「黒い犯人」を思い浮かべてくれればいいかもしれない。
 方程式のX(エックス)もあんな感じで「まだ正体不明な状態」なので。
 その正体を突き止めることで、「犯人はあなただったんですね…5さん(X=5)」と、事件を解決することができるわけですな。

・探偵(たんてい):
 色んなものを探したり調査したりする人。
 英語では「detective(ディテクティブ)」。
 「detect(ディテクト)」というのが「見つける」「見破る」という意味なので、そこから。
 ドラマや「探偵小説(たんていしょうせつ)」などではよく事件を推理し、解決して活躍している。
 でもシリーズものだと「探偵が行くところに事件が起こる」感じになってしまうので、結構不吉にも見える。
 有名な探偵では「シャーロック・ホームズ」などがよく知られている。
 ……ところでwikipediaの「架空の探偵」の欄を見ていたら
 ラジオ放送の『おまかせ探偵☆のとまみこ』(声優の能登麻美子さん等の番組)というものが載っていた。
 ホームズとかに並んで乗ってたのですごいインパクトである。
 関連用語:「5W1H*4
 関連作品:『魔人探偵脳噛ネウロ(まじんたんていのうがみネウロ)』*5

・推理(すいり):
 関連用語:「推し」*6

・「シャーロック・ホームズ」:
 推理作家「コナン・ドイル」の小説の主人公。
 とても有名だが、普段の性格はちょっと癖があったりもする。
 ちょっとアレな薬に手を出していたり。

・「アーサー・コナン・ドイル」:1859–1930。
 イギリスの作家、医師、政治活動家
 ちなみに1912年に客船「タイタニック」号*7の沈没事故があった。これについて、Wikipediaによれば彼(ドイル)は著名な文学者「ジョージ・バーナード・ショー」と論争を繰り広げたという。
 また心霊的な物にも興味があり、「コティングリー妖精事件」に意見をのべたらしい。
 またWikipediaによれば「クリケット*8などのスポーツもしていたらしい。
 そしてWikipediaによれば、彼と接した日本人は2人。その一人は「薩摩治郎八(さつま・じろはち」という人物。

・「コティングリー妖精事件」:
 イギリス・コティングリー村の少女2人が撮った「妖精(ようせい)」の写真の真贋(しんがん)をめぐる事件。
 Wikipediaによれば、後に高齢となった少女たちが写真は作り物である、と告白したらしい。
 ちなみにこの時の写真の原板などは今は日本にあり、栃木県*9にある「うつのみや妖精ミュージアム」で見られるらしい。

・薩摩治郎八(さつま・じろはち):1901-1976。
 日本の実業家、作家。
 大富豪であり、Wikipediaによれば「バロン薩摩(さつま)」という異名で呼ばれたらしい。
 また『もののけ姫』などでも有名な「美輪明宏(みわ・あきひろ)」さんをかわいがっていたらしい。

・『名探偵コナン』:
 マンガ・アニメ作品。
 ゲーム『グランブルーファンタジー』とコラボしており、ゲーム内ではキャラクター「江戸川コナン」や「安室透(あむろ・とおる)」が入手できたようだ。
 ちなみに「安室透」はとても人気が高い(特に女性に高い)キャラクターらしい。
 ところでゲーム『グランブルーファンタジー』ではその後「ゴリラ」*10に関するイベントがあった。
 そこで入手できる召喚石を使うと、仲間が強化される代わりにゴリラの雄叫びのボイスしか聞こえなくなる効果があるようなのだが、上記のコナン・イベントなどとの兼ね合いは大丈夫なのだろうか。
 というか今までのコラボイベントで入手したキャラが、全部ゴリラの声になってしまう可能性がある気もするのだが…。要調査である。
 関連用語:「パラパラ」*11
 関連人名:「江戸川乱歩(えどがわらんぽ)」*12
 関連ゲーム:『白猫プロジェクト*13、『グランブルーファンタジー*14
 関連楽曲:『渡月橋〜君想ふ~』*15

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「方程式(ほうていしき)」については 1/26 数学:方程式/言葉からのアプローチ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「文章題(ぶんしょうだい)」については 12/1 数学:「文章題(ぶんしょうだい)」は難しい - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:「宝石(ほうせき)」については 2/1 理+国:宝石の「瑠璃(るり)」の話 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:5W1H」については 2/2 英+国:文の秘訣・「5W1H」! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:マンガ『魔人探偵脳噛ネウロ(まじんたんていのうがみネウロ)』については 5/17 社+英:「国民(こくみん)」は「国(くに)」で、しかも「ルーラー(支配者)」ですか!? ~「people」、「nation」、「supreme ruler」~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「推し」については 6/9 社+国:「推し(おし)」は「推し」ても、「押し」出すな!? ~好きな物、そしてそれを伝えること~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:タイタニック号」については 6/14 数学:武器強化ゲームと「代入法(だいにゅうほう)」! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:クリケット」については 5/15 体+社:野球からクリケットへ! ~インド版『巨人の星』、そして要素変更の意味~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:「栃木県(とちぎけん)」については 10/30 社会:テレビで気になった単語メモ(10/30) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*10:「ゴリラ」について 10/24 理科:ゴリラ、ゴリラ、ゴリラ! ~繰り返す名前~ - のっぽさんの勉強メモ はを参照。

*11:「パラパラ」については 5/28 英語:色んな「パラ」の話! ~パラオ・パラソル・パラダイス~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*12:江戸川乱歩(えどがわらんぽ)」については 8/3 学習:ゲーム/テストの点数がキャラを強くする!? ~点数反映ゲーム~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*13:ゲーム『白猫プロジェクト』については 9/6 ゲーム:色んなゲームのコラボ・メモ (グラブル+刀剣、白猫+色々) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*14:ゲーム『グランブルーファンタジー』については 5/15 理+英:食物連鎖/植物さんはプロデューサーだった!? - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*15:名探偵コナン』の映画に使われた楽曲『渡月橋〜君想ふ~』については 5/13 音楽:CMとかで聞いた音楽メモ - のっぽさんの勉強メモ を参照。