のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

2/11 学習:世界(せかい) is テキストブック!?

 学習の話ー。
 「テキストブック」というのはつまり「教科書(きょうかしょ)」*1のことです。
 大層な感じですが「世界(せかい)はあなたにいろんなことを教えてくれるよ」ってことです。
 当然といえば当然なんですが。


 まず「学ぶ」ということに関して。
 今は随分「学校(がっこう)」*2というものが定着しましたから、つい「勉強は学校に行ってするもの」という意識になりがちかもですが。
 「勉強」や「学ぶ」ということに対して、学校だけが大事なものではありません。
 「世界(せかい)」は色んなことであふれており、その気になれば自分でもいろんなことを学ぶことができます。
 空の雲や、風の様子を見れば、天候(てんこう)について学ぶことはできますし。
 本屋でぼーっとタイトルを見ているだけでも、何となく「何が大事なのか」ということを感じることもできます。


 といっても、だから「学校なんて意味がない!ゲーセン行こうぜ!」って言いたいわけではありません。
 むしろ筆者は「学校は世界を知る『方法』を学ぶ場である」という意味で重要だと考えています。

 もしあなたが賢くても、文字や物の名前を知らなければ、自分一人で世界から感じ取れることはとても限られてしまいます。
 だから、あなたが興味を持った時に「十分に学べる方法」「調べ始められる方法」を、学校は教えようとしているとも言えます。
 「必要不可欠」なものかは分かりませんが、「あなたの学びを助けてくれる存在」ではあるわけです。

 言ってみれば「あなたが学校の外で日々感じていること」も「学び」といえます。
 それは「学校の中でしていること」とは違って見えるかもしれませんが、2つはどこかでつながっています。
 だからといって「じゃあ学校の外でも緊張しなくちゃいけないのかよー!?」というと、そんなことはありません。
 別に「学び」=「つまらないこと」というわけではないからです。
 例えば、自分から興味を持ったことを学ぶ時ってワクワクしませんか?
 ギターを始めるとか、お菓子を焼いてみるとか、新しいゲームを始める時、またはその前に説明書を読む時とか。
 それは「義務(ぎむ)」としての「勉強」とは雰囲気が違いますが、また違った「学び」の形と言えるでしょう。


 あれもこれも世界の一部であり、そしてあなたの一部でもあります。
 世界から学び取ったことが、新しいあなたの一部になるという訳です。

 先日「細胞の入れ替わりと私」についての過去記事を書きましたが
 細胞*3や体が日々変化(へんか)するとすれば、自分から好きな栄養を取っておいて、それを変化の時に使うこともできます。
 使える栄養が多ければ、新しい細胞は強いものになるでしょう。

 だから「学ぶ」ということが「新しい知識を取り入れる」ことならば、
 それはあなたが変化するときの栄養となってくれるかもしれません。
 あなたは変化を通して「望むあなたへ変化・成長するチャンス」を手にしているとも言えるわけです。 
 ゲーム的に言えば「レベル*4アップ」みたいな感じで。
 簡単じゃないかもしれませんが、でもそう思うとちょっと「変化の時」が楽しみになってきませんか?


 思春期や成長期にある方は、心身の変化はとても怖いものに思えるかもしれません。
 その不安や変化は周りの人などに(可能なら)相談していただければよいのですが、
 ただ、あなたが感じるいろんなことは、今のあなたを作り、また未来のあなたを作っていくものでもあります。
 その意味では「無駄なもの」というのはあまりありません。
 だから「変化」やその時の心の動きをマイナスに思いすぎることはないのかなと(難しいですが)。
 変化の末にできるようになることもありますので、それを楽しみにできるとよいかもですね。

 学校にしろ、それ以外にしろ、世界から色々なものを吸収しながら。
 どうぞ、あなたの心身が、よい変化を迎えられますよう。
 (いつもいつもレベルアップしなくてよいので)

 まあそんな感じで~。


追記
 学校の「国・数・英・理・社」とは大事な要素ですが、
 それも、いわば「世界」(我々のこの世界)についての物事を、いろんな角度から切り取ったものです。
 新しい発見があれば、それに沿って教科書の内容はいくらでも変わりますしね。

 その意味では、学問というものは、いつも世界に対して「後手(ごて)」に回るものだといえます。
 例えば、世界(地球)には「重力(じゅうりょく)」*5というものがあるので、物理の教科書や学問はそれを前提にしていますが。
 明日その「重力」に関する法則、ルールがいきなり変わったのなら、すべてが覆ることだってありえるわけです。


関連用語:「気候(きこう)」*6


◆用語集
・世界(せかい):皆が生きている場所。
 言葉を使う流れや目的によって範囲は変わる。
 英語で言うと「world(ワールド)」
 よくうまくいかない時に「こんな世界間違ってる!」とか言われる存在。
 そう考えるとちょっとかわいそう。
 ちなみにタロットカード*7の絵柄にも「世界」というものがある。
 関連用語:「地球(ちきゅう)」*8、「イスファハーン」*9、「運命(うんめい)」*10、「国(くに)」*11
 関連自作ゲーム:『りゅうたまワールドワイド』*12、『回復アイテム・ワールドワイド』*13

・レベルアップ:レベルが上がること。
 RPGなどのゲームではよく音楽が鳴ったりする。
 何となく嬉しくなる、RPGなどの楽しみの一つ。
 『ドラゴンクエスト*14の音が有名ですが、好きな音楽を頭の中で鳴らしてください。




benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「教科書(きょうかしょ)」については 12/1 英語:比較級・最上級って便利よね、という話 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「学校(がっこう)」については 12/20 学習:学校(がっこう) is ソシャゲ!? - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:「細胞(さいぼう)」については 2/10 理科+こころ:細胞の入れ替わりと「私」 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:「レベル」については12/1 数学:「文章題(ぶんしょうだい)」は難しい - のっぽさんの勉強メモを参照。

*5:「重力(じゅうりょく)」については 6/11 理科:父との話/電子(でんし)と重力(じゅうりょく)の話メモ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「気候(きこう)」については 7/13 地理:「気候(きこう)」と「地形(ちけい)」の話 ~大づかみなレベルで見る~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:「タロットカード」については 1/22 理科:すごいよ!太陽さん ~理科の教科書を貫く用語~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:「地球(ちきゅう)」については 12/22 理科:地磁気(ちじき)の話 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:「イスファハーン」については 1/21 歴史:イスパハン・イスファハーン/スイーツとアイスと世界の半分! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*10:「運命(うんめい)」については 3/3 国語:運命(うんめい)、神(かみ)、そして社会(しゃかい) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*11:「国(くに)」については 9/2 英+社:国(くに)に関する英語メモ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*12:筆者の自作の遊び方『りゅうたまワールドワイド』については 9/3 社+ゲーム:TRPG『りゅうたま』/「りゅうたまワールドワイド」(仮、そして全然公式じゃないです) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*13:筆者の自作ゲーム『回復アイテム・ワールドワイド』については 9/5 地+ゲーム:世界の料理で回復するゲーム!? ~「回復アイテム・ワールドワイド」~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*14:ドラゴンクエスト』については 2/7 こころの話:「怠惰(たいだ)」に見えるもの、そこに広がるもの - のっぽさんの勉強メモ を参照。