読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

3/25 学習+こころ:ゲーム/「コレ・クライナラ・デキール」

 学習+こころの話ー。
 タイトルは割といつものようにダジャレです。
 「これくらいならできる」ってことであり、
 できることを探す、ということをゲーム(遊び)風に表現した感じです。
 過去記事で書いたようなことの延長ですが。

 タイトルは「ワタシ・コンナコト・デキール」(私、こんなこと(が)できる)でもいいです。

 最近微妙に体調や気分がよくなかったりするので、
 そういうときのための話です。
 なので若干ネガティブです。ご注意を。


 人間には体調とか実力の問題とかあるもので
 「したいこと」と「できること」が違ったり、
 あるいは「できないこと」がいっぱいあったりします。
 そういう風に弱点を認識することも大事なのですが、
 元気のない時に「できないこといっぱい」とか「あれもこれもできない!」と思うと余計に気分が沈んだりもします。

 そういう時は「今の自分でもできること」を探してみるといいかもしれません。

 例えばめっちゃ勉強できなくても、少し勉強することはできるかもしれないですし。
 外に出たくなくても、家の中で何か楽しいことができるかもしれません。
 (その関係で、家で勉強しないという子にはよく「一瞬だけ教科書*1を見てみて~」と言っています)


 以下は筆者の感覚なのですが
 できないことを数えていると、
 気分としては「守り」とか、攻め込まれているように感じます。

 でも「できること」に目を向け始めると、
 気分としてはちょっと「攻め」、自分が攻めていける、活動している感じがでます。

 気分の問題ですが、その「気分」というのがだるい時には結構重要だったりして。
 高いハードルの行動にこだわって、「できない」と動けない時でも、
 簡単な行動ならできたりして、
 時にはいつの間にか、最初できないと思ってたことができていたりもします。


 で、こういうことは、必ずまじめに考えなきゃいけないわけではありません。
 「どれくらいならできるかな~」という、遊び感覚で考えていいと思います。
 ゆえにちょっとふざけたタイトルを付けました。

 何かができないときは「悩まなきゃ」という気分にもなりますが、
 長時間緊張しても怖くても答えが出ないなら、それ以上に緊張する必要は特になく、
 リラックスしてやってみていい、ともいえますしね。


 春*2は気温の上下で体調が崩れやすいので、いろいろな気分になったりするかもですが。
 「悩み方」「悩んでいるときの行動の仕方」も、けっこうバリエーションがあったりするわけで。
 色々やってみるのもいいかもしれませんね。春ですし。



 まあそんな感じで~。




追記
 「これくらいならできる」ということには、いくつか意味がありまして。
 本文では主に「今の状況」について書きましたが、
 「状況を変えればできる」という場合もあります。
 例えば「今の状況だと勉強する気ないけど、お菓子が出るならしてもいい」とか。
 あるいは「イケメンな家庭教師が横にいるなら、してもいいわ!」みたいな。
 まあ人に直接要求したら怒られるかもですが、
 その自分の思い(「欲望(よくぼう)」でも可)の中には実現可能なものもあるかもしれません。
 「音楽を聴きながら」とか「静かな環境で」くらいなら、カフェとか図書館に行けば叶いやすいですからね。
 自分の中で一考の価値はあるかもしれません。

 もちろん「どんな環境でも勉強できる」事も大事なのですが、
 それで「嫌になって全く勉強を離れてしまう」くらいなら、
 「可能な限り素敵な状況で、だらだらっと勉強してみる」のもありかもしれません。



追記2
 本文にはほとんど関係ないですが、
 今回のネーミングセンスには、すこし
 『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の語感をお借りしているかもしれません。
 まあ映画をちゃんとは見ていないので、語感だけなんですが……。
 でも上記の映画では、過去紹介した「AR(拡張現実)」*3技術が出てきます。
 (現実にゲーム画面とかを重ねる技術ですね)
 これは本文で扱っている「気分(きぶん)」と関係するところがなくもないですね。
 というのも、気分によって「景色の感じ」は結構変わることがあるみたいなので。
 楽しければ景色は明るく見え、逆に悲しければ景色は暗く見えることもあります。
 その意味では「景色」(の感じ)というものは単なる物理的な情報だけでなく、
 気分というフィルター、(言うなればARのような)ものが重なっているともいえるかもしれません。
 今回はその「気分フィルター」を、うまいことできたらいいなーという話ですね。
 ちなみに自分のこだわりやプライド、偏見も「フィルター」になりえます。
 それが強いと実際以上に「こんなことはできない」という意識が強くなるかもしれません。
 そこら辺ともうまく付き合えるといいですね。


 関連用語:「リミッター」*4



◆用語集
・人に直接要求したら怒られるかも:
 「お母さん、私勉強するからイケメンな家庭教師雇ってー!」って言ったら
 多分「アンタ何言ってんの!?」って言われる。



benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com