のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

8/6 理科:酸性!アルカリ!『スプラトゥーン』!?

 理科の話ー。
 昨日現場で適当に出した例えですが。
 「酸性とかアルカリの赤・青っていうのは陣取り合戦に似てるかも」って話です。


 まず『スプラトゥーン』というのはゲームの一種で陣取り合戦をやるものです。
 チーム対抗で、色んなところをインクで塗りまくり、面積*1が多い方が勝ちと。
 (正確には『スプラトゥーン』の中の「ナワバリバトル」)


 で、これが「酸性がリトマス紙を赤く染める」とかに似てるかもって話です。
 酸性のものは青色のリトマス紙を赤く染めます。
 アルカリ性のものは赤色のリトマス紙を青く染めます。
 これは「互いに陣地(リトマス紙)を自分の色に染めている」とも考えられます。
 逆に酸性のものは赤色リトマス紙はそのままで、アルカリは青色がそのままです。

 「そのまま」の時はややこしい気もしますが、
 ゲーム的に言うと「既に取った陣地は染める必要がない」と考えるとちょっとわかりやすいかも。
 赤チームは赤い地面を染める必要はないわけです。



 んで、ここら辺と電気を使った実験(「電気流すと陽極側が赤く染まる」とか)をこのノリで説明すると。
 「それぞれのイオンが動きながら地面を染めてる(スプラトゥーンしてる)」とも考えられます。

 具体的には。
 +は-に、-は+に引かれるので、
 酸性のもと「水素イオン(H+)」は、陰極側へ動き、青色リトマス紙を赤く染めていきます。
 チームがぞろぞろ動きながら足元染めてる感じです。
 逆に、アルカリ性のもとである「水酸化物イオン(OH−)」は陽極側へ動き
 赤色リトマス紙を青く染めていきます。


 この説明は適当なので抜けも多いですが、
 酸性・アルカリ性が分かりづらい時は色々想像してみるといいかもしれません。
 ネタと絡めると、ちょっと覚えやすいかも?


 まあそんな感じで~。



◆用語集
・酸性(さんせい):
 酸(さん)の性質を持っていること。
 もう少し正確に言うと、水溶液にしたとき(水に溶かしたとき)に水素イオン(H+)を生じる化合物が酸。
 「酸(さん)」は英語では「acid(アシッド)」。
 pH*27未満が酸性となる。
 その性質上、酸性に分類されるものは「H(水素)」を化学式*3の中に含むことになる。
 例えば「硫酸(りゅうさん)」は「H2SO4」、「塩酸(えんさん)」は「HCl」。
 ちなみに「炭酸(たんさん)」も弱酸の一種*4
 関連用語:「DNA(ディーエヌエー)」*5、「酸性雨(さんせいう)」*6

・アルカリ(Alkali):
 水溶液にしたとき(水に溶かしたとき)水酸化物イオン(OH−)を生じる化合物。
 pHが7より上ならアルカリ性となる。
 酸性とは逆に、「OH」を化学式の中に含む。
 例えば「水酸化ナトリウム」は「NaOH」、「水酸化カリウム」は「KOH」。
 関連用語:「石鹼(せっけん)」*7

・『Splatoonスプラトゥーン)』:任天堂のゲーム。2015年発売。
 人の姿に変身できるイカ*8インクリング」がインクを飛ばしあい陣地を取り合うゲーム。
 主人公の少女がかわいいと評判になり、「イカちゃん」などと呼ばれた。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com