のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

7/29 英語:「serve」/サーブ、サーバー、サーヴァント!

 英語の話ー。まぎらわしいですが比較級*1ではありません。
 「serve(サーブ)」関係の単語の話です。
 暑いので簡単に。


 初めに。
 「サーブ(serve)」は「使える」「奉公する」という意味であり、
 「サービス(service)」もこれの派生語です。

 テニスでも最初の弾を「サーブ」「サービス」といいますが。
 その由来は下記サイト様で解説されてました。
d.hatena.ne.jp
 詳細は省きますが、「召使い」がゲームの手伝いをしてた関係のようですね。


 コンピュータ関係でよく聞く「サーバー(server)」も「serve」の関係語です。
 要求されたものを「提供・処理」するということで「serve」+「er(~する者)」ということのようです。

 「サーヴァント(servant)」は「召使い」という意味です。
 作品によっては「執事(buttler/バトラー)」や「女中(maid/メイド)」という言葉を使うかもしれません。
 ゲーム『Fate*2シリーズでは「使い魔」として使われている言葉です。
 上にいるのは「主人(しゅじん)/master(マスター)」。

 「サーヴァント」は日本の日常ではあんまり縁がなさそうですが、
 「公務員(こうむいん)」の呼び方で「public servant(パブリック・サーヴァント)」というものがあります。
 「公共に奉仕する者」(みんなの役に立つ者)ってことですね。


 コンピューターの「サーバー」も現代では重要ですし、
 「serve」というのは今の生活にとって、かなり大事な要素なのかもしれません。


 まあそんな感じで~。

 関連用語:「小姓(こしょう)」*3


◆用語集
・公務員(こうむいん):国の機関(省庁など)で働く人。
 関連用語:「官僚制(かんりょうせい)」*4


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com