のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

9/23 理+生:「秋分の日」と「やる気」の関係!? ~秋と日光量の話~

 理科+生活の話ー。
 「秋分の日(しゅうぶんのひ)」についての話です。
 あと日光量(にっこうりょう)の話。


 今日は祝日「秋分の日(しゅうぶんのひ)」ですね。
 昼*1と夜の長さが同じになる日と言われています。
 夏*2は日が長かったのが、秋*3になって短くなってくると。

 そのスピードは特に速く感じられるようで、
 「秋の日は釣瓶落とし(つるべおとし)」なんて言葉もあります。
 井戸の釣瓶(つるべ)、つまり桶(おけ)を落とすときのように「あっという間」に暗くなるってことですね。


 そしてマンガとかテレビで知った情報ですが、
 日光量が少なくなってるこの時期は、
 やる気が起きにくくなったり、眠りにくくなったりするみたいです。
 あと空気*4が乾燥してくるので、肌トラブルがあったり、風邪*5も引きやすいかもしれません。


 秋はなんだか気分が「アンニュイ」とか「憂鬱(ゆううつ)」になるともいいますが、
 その原因の一つは意外と「日光不足」や「水分不足」にあったりするかもしれません。

 「なんかやる気でなーい」と思ったら、ちょっと気を付けてみるといいかも?


 まあそんな感じで~。



追記
 日光と気分の関係では確か「セロトニン」という物質が関わっていたかと思います。
 …と思って過去記事を見直してみたら一度書いてますね。ど忘れしてました。
 ともあれ、昼間に運動しておくと、分泌されやすいみたいなので、
 夜眠りづらい方は日光多めの時間とかに運動しておくのもいいかもしれません。


追記2
 ちなみに秋分の日やそれを挟んだ「お彼岸」などでは「おはぎ」を食べることが多いようです。
 お餅*6を餡子(あんこ)と組み合わせたおやつですね。
 「牡丹餅(ぼたもち)」とも言われます。
 何が牡丹餅で何がおはぎか?というのがわからなくて調べてみたのですが、
 Wikipediaによれば諸説あるようですね。
 春が「ぼたもち」で秋が「おはぎ」という説もありますが、そうでもない場合もあるみたいです。
 (「牡丹(ぼたん)」*7が春の花で、「萩(はぎ)」が秋の草)
 あと「春・秋」説では夏は「夜船(よふね)」、冬は「北窓(きたまど)」というらしいです。
 …一気にオシャレ感が出てきましたね。でも花とか関係なくなりました。そして外見とあまり関係なさそう。

 ちなみに一部地域では「はんごろし」ともいうらしいです。ちょっと怖いですね。
 これがもとになった昔話もあります。


◆用語集 (人名敬称略)
秋分の日:
 英語では「Autumnal Equinox Day(オータムナル・イクイノックス・デイ)」。
 関連用語:「春分の日*8

・釣瓶(つるべ):
 井戸で水をくむための桶(おけ)。
 ちなみに「つるべ落とし」という妖怪*9もいる。
 落語には「笑福亭鶴瓶(しょうふくていつるべ)」さんという方がおられるが、漢字が違う。

笑福亭鶴瓶(しょうふくていつるべ):
 色々なテレビ番組をお持ちになっておられるが、最近CMでやっている『怪盗グルーのミニオン大脱走』など「怪盗グルー」シリーズで「グルー」の声を担当しておられることでも有名である。

・牡丹餅(ぼたもち):
 もち米、またはもち米とうるち米を混ぜて作った餅と、餡(あん)を合わせたもの。
 Wikipediaによれば「小豆(あずき)」には邪気を払う力があるとされていたため、
 先祖にお供えするようになったような。
 …余談だが、その説で行くと、妖怪の「小豆洗い」とか、大丈夫か?と少し心配になった。
 邪気がない妖怪だったり、意外とゲームで言うとこの「神聖」属性になっているかもしれない。
 だがしかし、案に使うのは小豆とは限らない。「ずんだ」*10を使うこともあったりする。

 またことわざの「棚から牡丹餅(ぼたもち)」でもよく知られる。
 意味は「思ってもみない幸運が飛び込んでくる」みたいな感じ。
 しかし現代では牡丹餅を置いてある家庭はあまりなさそうなので、
 「引き出しからチョコレート*11」くらいがいいかもと思った。
 だがそれでは保存状態が少し気になったので
 「『冷蔵庫からチョコレート』の方がいいか…?」と一瞬思ったが、
 それだとただ保存しているだけであり、ことわざの意味はすでに失われていた。反省。

・萩(はぎ):
 植物*12の名前。マメ科ハギ属。秋の七草のひとつ。
 「おはぎ」は漢字*13で書くと「御萩」であり、つまりこの植物が関係した名前。
 英語で言うと「Bush clover(ブッシュ・クローバー)」, Japanese clover(ジャパニーズ・クローバー)」らしい。
 そして学名では「Lespedeza(レスペデザ)」。カッコいい。
 ちなみに似た漢字の植物に「荻(おぎ)」がある。

・荻(おぎ):
 植物の名前。こちらはイネ科ススキ属。
 学名は「Miscanthus sacchariflorus(ミスカンサス・サッカリフロールス?)」。
 地名の「荻窪(おぎくぼ)」(東京都)とかにも使われる。
 「萩(はぎ)」とよく似ている漢字。
 人の苗字だと「荻野(おぎの)」も「萩野(はぎの)」もどちらもあるのでパッと見ややこしい。
 ちなみに「ススキ」ともよく似ているが、ちょっと違うらしい。ややこしい。
 あと「荻」「萩」の二つはお笑いコンビの「おぎやはぎ」さんと関係があるかと思ったが、Wikipedia見た感じ、「小木(おぎ)」さんと「矢作(やはぎ)」さん、ということで特に関係はなさそうであった。

荻窪(おぎくぼ):
 東京都の地名。
 ちなみに『アイドルマスターシンデレラガールズ』のアイドル「森久保乃々(もりくぼのの)」*14と特に関係はない。

・アンニュイ(フランス語:ennui):
 「退屈な」「けだるい」「つまらない」といった感じ。雰囲気。

・憂鬱(ゆううつ):
 心配事があったりして、気分が晴れないこと。もやもやすること。
 英語では「depression(ディプレッション)」など。
 「憂(ゆう)」は「憂う(うれう)」、つまり心配する、ということ。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「昼(ひる)」や「夜(よる)」については 12/26 英語:単語/関係を意識してみる ~石と山とか、朝と夜とか~ - のっぽさんの勉強メモを参照。

*2:「夏(なつ)」については 7/5 学習:夏休みの自由研究メモ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:「秋(あき)」については 7/5 学習:夏休みの自由研究メモ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:「空気(くうき)」については 5/22 理科:四大元素(しだいげんそ)の話 ~地水火風~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:「風邪(かぜ)」については 1/5 英語:「風邪(かぜ)」の話 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:「餅(もち)」については 5/30 英語:「お餅」はケーキですか? ――はい、「ちくわ」もケーキです - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:「牡丹(ぼたん)」や「花(はな)」については 5/27 国語:花の王、花の宰相、花の神!(5・7・5っぽい) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:春分の日」については 3/20 生活:「春分の日(しゅんぶんのひ)」の話メモ - のっぽさんの勉強メモ を参照

*9:「妖怪(ようかい)」については 5/23 英語:「妖精(ようせい)」と炭酸(たんさん) ~スプライト~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*10:「ずんだ」については 6/19 地理:コラボ/地域振興キャラ、「東北ずん子」さんの話 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*11:「チョコレート」については 9/10 数学+英語:英語の関係代名詞と数学のかっこ、あとラノベのルビ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*12:「植物(しょくぶつ)」については 5/15 理+英:食物連鎖/植物さんはプロデューサーだった!? - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*13:「漢字(かんじ)」については 6/6 国語:まとめ・システムとしての漢字 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*14:「森久保乃々(もりくぼのの)」さんについては 10/27 音楽:音楽メモ(10/27) - のっぽさんの勉強メモ を参照。