のっぽさんの勉強メモ

主に中学の学習内容を扱っています。不定期更新ですー。

2/6 数+国:数字の「2」から考える話 ~双子、ペア、対立~

 数学+国語の話ー。
 数字*1の「2(に)」に関わる言葉の話です。
 ざっくりと。


 同じものや違ったものなどの状態で、3つのケースに分けてみました。


 ①同じようなものが二つある状態

 過去記事でも書きましたが、似た種類のものは「同じ物が二つ」と数えられるので
 リンゴが「2個」とか言ったりします。

 人間ではまあ「2人」ということはないですが、
 タイミングが同じに生まれたら「双子(ふたご)」と呼ばれることはありますね。
 英語では「twins(ツインズ)」と言います。
 (ちなみに「ふたご座」は「gemini(ジェミニ)」)

 ここでいう「twin(ツイン)」はいわゆるホテル*2とかの「ツインベッド(twin bed)」のツインですね。
 ちなみに「ダブルベッド(double bed)」とどう違うのか?というのをネットで調べてみましたが
 「ツインベッド」は同じベッドが2つ(双子のように)並んでいる状態、
 「ダブルベッド」は1人用より広めに(2倍に)作られたベッド、ということのようです。
 英語の「double(ダブル)」が「2倍」などをあらわす言葉なので、それに関係した感じですね。



 ②お互い違うけれど、協力している状態

 この関連の言葉だと、「ペア(pair)」というものがあります。
 「ペアになる」とか言いますし、
 カードゲーム*3の「ポーカー」の役でも「2ペア(ツーペア)」などがあります。
 また方向の「右・左」はそれぞれ違うものですが、ペアっぽい言葉ですね。
 特に協力しているわけではないでしょうが。

 似たような単語としては「カップル(couple)」という言葉もありますね。
 恋人っぽいイメージになりますが。

 恋人から進んで結婚したりすると、「配偶者(はいぐうしゃ)」という言葉も出てきます。
 「偶数(ぐうすう)」というのが2の倍数であり、2で割り切れる数を示すように、
 「偶(ぐう)」とは「2つ並ぶ」とか「2で割り切れる」という意味があるようです。

 あとは、軍隊(ぐんたい)などでは二人一緒に行動するのを「ツーマンセル(two man cell)」*4と言ったりするようです。



 ③お互い違って、争ったりしている

 上では協力的な関係について書きましたが、
 2というのは「対立(たいりつ)」を表すにもいい数字です。
 まあ「対(つい)」という字が「ペア」的な意味なのですが

 善と悪、生と死*5、正と負。味方と敵などなど。
 2つの違うものが並んでいると、なんかドラマが生まれそうですね。
 難しい言葉だと「二項対立(にこうたいりつ)」とか「二律背反(にりつはいはん)」、「二者択一(にしゃたくいつ)」なんてものもあります。


 とまあいろいろあったりします。
 全部白か黒かで考える、という見方はシンプルすぎますが。
 コントロールできているならば、分かりやすく考える役には立ちます。

 特に現代文の読解などでは対立する言葉が出てきたりするので、ちょっと気にしておくといいかもしれません。


 まあそんな感じで~。



追記
 三人が争い始めると「三つ巴」とか「鼎立(ていりつ)」といった言葉で表されますが、
 相手のことだけ見ていると横からもう一人が来るので、二人での対立とはまた違った戦略が必要になりそうです。
 ちなみにこの「鼎立」の「鼎」とは「鼎(かなえ)」という器の名前からきています。
 これが三本足なので、ちょうど三人が三角形のように、にらみ合っている様を表しているのではないかと。


追記2
 2や「二つ」に関連する言葉は結構いっぱいあります。
 学校なら「二重跳び(にじゅうとび)」「二人三脚(ににんさんきゃく)」など 
 またはちょっと難しい言葉なら「双璧(そうへき)」「二極(にきょく)」「二心(ふたごころ)」。
 時代劇やゲームで出てくる「二刀流(にとうりゅう)」や「二丁拳銃(にちょうけんじゅう)」、
 また二刀流で有名な宮本武蔵(みやもとむさし)の「二天一流(にてんいちりゅう)」など。
 『モンスターハンター*6などにも出てくる「双剣(そうけん)」というのもあります。
 長い言葉なら「二兎を追う者は一兎をも得ず」とか、逆に「一石二鳥(いっせきにちょう)」とか。
 また「天下無双(てんかむそう)」という言葉もありますが、これは「天下に並び立つものがない」→「唯一の存在」みたいな意味なのでむしろ意味的には「1」ですね。


追記3

 英語の「bi(バイ)」という接頭辞(せっとうじ)*7はよく「2」あるいは「両方」に関連する意味だったりします。
 「自転車」*8という意味の「bicycle(バイシクル)」は「bi(二つの)」+「cycle(輪)」→「二輪(にりん)」とか。
 あと「両性愛(りょうせいあい)」と訳されることの多い「バイセクシュアル(bisexual)」は「bi(両方の)」+「sexual(性的な)」って感じです。

関連用語:「バイコーン」



追記4

 また「ダブルスタンダードdouble standard)」という言葉があります。
 これは「二重基準(にじゅうきじゅん)」(しかも矛盾している)というような意味です。
 ざっくり言うと「○○のルールは大事だけど、△△なら守らなくていい」みたいな感じです。
 例えば「国民は税金*9を払わないといけない。でも(国民だけど)俺は払わなくていい」みたいな。
 宗教*10がらみだと、「清い心じゃなくちゃだめだけど、異教徒には何してもOK」みたいなことも歴史上では時々あります。
 矛盾、あるいは二重基準の全部が悪いことではないのですが、自分とか特定の人にだけ都合をよくする場合が多かったりするので、
 それは不公平(ふこうへい)として批判されたりします。



◆用語集
・2(に):数字の一つ。1の次、3の前。
 英語では「two(トゥ-)」。
 「私」が一人称、「あなた」が二人称、と考えると、会話やコミュニケーションが成り立つ最小単位と言えるかも。


・双子(ふたご):ざっくり言うと、一緒に育って生まれた2人の子供。
 英語では「twins(ツインズ)」。「双生児(そうせいじ)」という。
 ゲームなどでは顔がそっくりで同性の双子キャラも多いが、
 「一卵性(いちらんせい)」「二卵性(にらんせい)」などの場合があり、顔が似ていない場合も、性別が異なる場合もある。
 「2」以上の子供が生まれることもあり、「三つ子」「六つ子(むつご)」などという。
 漫画・アニメ『おそ松くん』『おそ松さん』の兄弟は六つ子。


・二刀流(にとうりゅう):二つの刀や武器を使って戦うスタイル。
 英語では「two‐sword fencing(トゥー・ソード・フェンシング)」。
 強そうだが、武器を振るのに慣れてない人が二つ持ったら重くなるだけなので、
 慣れてない人がやると単に弱くなるっぽい。


宮本武蔵(みやもとむさし):
 剣術家(けんじゅつか)。強いことで有名。
 ライバルの「佐々木小次郎(ささきこじろう)」との「巌流島の戦い(がんりゅうじまのたたかい)」は特に有名である。
 またほかにも有名なエピソードが色々。
 彼を主人公にした漫画は色々あるが、筆者が思いつくのは『スラムダンク』の作者である井上雄彦先生が描いた『バガボンド』という作品。
 ちなみに小次郎と一緒にゲーム『モンスト』や『Fate/Grand Order』にも出ている。
 が、前者では「武蔵:男/小次郎:女」、後者では「武蔵:女/小次郎:男」という組み合わせに似合っている。
 ライバルエピソードが有名すぎて、カップル化されているのか…。
 ちなみに「武蔵(むさし)」というと戦艦の「武蔵」も存在する。詳しくは次項。

・戦艦武蔵(せんかん・むさし):旧日本海軍の軍艦。
 戦艦「大和(やまと)」*11型の2番艦である。
 建造されたのは「長崎(ながさき)」*12で。
 沈没した後、しばらく船体が見つからなかったが、2015年にそれらしき残骸が発見されニュースになった。
 ちなみに見つかったとされるのはフィリピン海の海域「シブヤン海」。
 なんか名前が「渋谷」*13っぽくて面白いなあ、と思って調べてみたら、つづりが「Sibuyan Sea」だった。
 渋谷の英記が「Shibuya」なので思った以上に似ていた。蛇足だが。
 女性化されてゲーム『艦隊これくしょん*14にも登場しているのだが、「姉」に当たる大和とはだいぶビジュアルが違ったりする。


バイセクシュアル(bisexual):両性愛者。ざっくり言うと男性・女性両方を愛せる人。
 少し前にお笑いコンビ「メイプル超合金」の「カズレーザー」さんが、自身がバイセクシュアルであることを公表して話題になった。

カズレーザー
 関連用語:「レーザー」*15

・異教徒には何してもOK:
 自分の宗教の信者じゃなければ何をしてもいいや、という考え方。
 これ系のセリフだと、漫画『HELLSING』のキャラ「アンデルセン神父」のものが有名。


benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

benkyoumemo.hatenablog.com

*1:「数字(すうじ)」については 1/5 数学:なぜ「1+1=2」ができるのか(雑考) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*2:「ホテル」については 1/11 英+社:ゲームとかの「宿屋(inn)」の話~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*3:「カードゲーム」については 4/4 数学:メモ/数学とカードゲーム - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*4:ツーマンセルについては 2/10 理科+こころ:細胞の入れ替わりと「私」 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*5:「死(し)」については 11/19 美+歴:「死(し)」を思う態度 ~ヴァニタス、ニヒリズム、そして一休さん~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*6:モンスターハンター』については 12/19 社会:お姫様と一狩り行こうぜ! - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*7:「接頭辞(せっとうじ)」については 6/21 英語:「接頭辞(せっとうじ)」/色んな「medi-」の話 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*8:「自転車(じてんしゃ)」については 6/15 数学:「進法(しんほう)」/2は「10」で、3も「10」だって!? ~色んな数の書き方~ - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*9:「税金(ぜいきん)」「税(ぜい)」については 12/20 社会:入るお金<出ていくお金、だと…!? - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*10:「宗教(しゅうきょう)」については 12/17 社会:水と宗教の話(ざっくり仮説) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*11:戦艦「大和(やまと)」については 12/22 社会:南極(なんきょく)の「大和(やまと)」と観測船「しらせ」 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*12:「長崎(ながさき)」については 8/10 社会:戦争を回避するために、戦争の両面を語りたいという話 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*13:「渋谷(しぶや)」については 4/2 社会:渋谷(しぶや)の話(仮メモ) - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*14:艦隊これくしょん』については 12/3 地理+理科:日本とか、浮力とか、ソシャゲとかの話 - のっぽさんの勉強メモ を参照。

*15:「レーザー」については 10/3 理+英:「レーザー」と「ビーム」についてメモ - のっぽさんの勉強メモ を参照。